口を開けて驚く

icon title しわやくまの除去について

しわやたるみといった現象は皮膚の老化現象と引力によるものです。

よく利用されている部分はしわになり、皮膚膜が薄くて血液が透けてみえるのがくまです。
これらは美容外科でレーザーや服薬などの治療を受けることができます。

一度できてしまったしみは取れにくいといわれていますが、最新式の治療方法ではかなり薄くすることができたり、目立たなくすることができるようになっています。
マッサージや半身浴で血行をよくするのも効果的です。

顔のしわは紫外線や肌の乾燥、顔の筋肉の衰えなど、様々な要因によってできてしまいます。
昔から改善する方法として、顔のエクササイズや、化粧品などによってしわをなくしてゆくという方法がありましたが、現在においては美容外科に行き、ヒアルロン酸を注入するといった手段も出現してきました。

現在ネット上においては治療する美容院が数多く存在し、価格の幅も様々ですが、トラブルも多く寄せられるため、治療する際は評判などを事前に調べることが必要になってきています。

しわやくまが目立つことによって、女性としての美しさや魅力が大きく半減してしまうことがあるために、スキンケアの対策に日ごろから力を注ぐことが良いとされています。

たとえば、美容外科ではこうした肌のトラブルに対して様々な治療が行われており、健康保険を使うことはできないものの、患者の立場に立った改善策が提示されています。
そうしたことから、これからも医学の力を利用して美しさを追求しようとする人が増えることが見込まれています。

耳に手を当てる老人

icon title くまができる原因

くまができる目元の皮膚は0.6ミリと大変薄く、皮下のトラブルがうっすら透けて見えるのが原因の一つとされています。タイプとして色素沈着、血行不良と肌荒れ、年齢によるものとがあります。

まずは色素沈着ですが、紫外線、赤外線、乾燥、こすりすぎが原因で起こる、主にメラニン色素が原因の肌トラブルで、しみやくすみの一つとされています。
次に血行不良と肌荒れは青っぽく見えるタイプで、寝不足や不規則な生活が原因の、目元の毛細血管がうっ血しその色が透けて見えるため起こるものです。
最後に年齢によるものですが、目元のたるみが原因で、小じわの影がくまのみえることもあります。

くまは目の下の部分が黒くなったように見えて、昔からも症状としてはあるもので寝不足等が主な原因のことが多いです。

見た目にも寝不足をイメージさせるような疲れた顔に見えてよくないのですが、しかし目の下の涙袋がたるみ過ぎているために影ができて黒く見えるときもあります。
これは物理的な理由が原因で、昔は化粧で隠すことが一般的でしたが、化粧を落とすとやはり見た目が悪いということもあり、最近では美容外科でしわの手術同様に、目の下の涙袋のたるみをなくすための手術がおこなわれます。

最も多いくまの原因は血行不良で、指で押さえて色が変わればそうです。蒸しタオルを目の周りに乗せてケアしたりマッサージで血行を良くするのが効果的で、また、血行不良にならないように生活習慣を改善するのも良いでしょう。

顔の角度を変えると薄くなる場合は、目の下のたるみやふくらみが原因です。美容外科での施術が有効ですが、若いうちは生活習慣を見直すだけで改善することもあります。
顔の角度を変えても薄くならない茶色っぽいくまは色素の沈着などによるもので、ビタミンCの摂取などしみの解消法が効きます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031